ビンテージシングルフィン!!

皆様ご無沙汰しております。

ホームページが完成したので、ブログも本格始動していきたいと思います。

今回、オーダーいただいたサーフボードは、

ビンテージシングルフィンの良さを残しながら、現代風にリメイク。

なかなか難しいご注文ではございますが、私の持っている知識、技術フル動員してやらしていただきました。

新しい最先端の乗り心地を追求するのではなく、当時の人はこのシングルフィンにどんな乗り心地を追求したのか、どういうイメージでシェイプしたのかなど考えながらシェイプするのは、何とも感慨深い物であります。

IMG_1006

アウトラインは、

IMG_1069

ノーズよりのワイデストポイント。

テールはウィングから一気にしぼるピンテール。

クルージングというよりは、パフォーマンスなアウトラインのシングルフィンです。

ボトムは、浅いシングルコンケーブ〜V。

そして、Vの中にダブルコンケーブです。

IMG_1077 IMG_1076

当時のシングルフィンのボトムといえば、ボンザーボトムやチャンネルボトムが多いですが、

あえて、

浅いシングルコンケーブを入れることでよりスムーズに水が流れ、シングルフィンの特徴である、ドライブ感を損なわずに乗りやすいセッティングにしてあります。

デッキのフォイルもナチョラルなボキシーレールにシェイプすることで無駄な反発を押さえて、スムースなレールtoレールが可能なように。

IMG_1072

 

そして、シングルフィンだけでなくクワットでも試してみたいというお客様のご要望により、サイドフィンもインストールしてみました。

このアウトラインに対してのクワットの乗り心地は、

これは乗ってからのお楽しみですね。

IMG_1114

 

まさに、温故知新。

古きを知り、新しくよみがえらせました。

私にとっても、新たな知識、技術が追加されたかな。

このシングルフィンで肩〜頭の面ツルファンウェーブを駆け下りたら最高でしょうね!!

 

さー、後はサンディングをしてフィニッシュ!!

もう少々お待ちくださいね。

 

 

O’NEILL wet suits(オニールウェットスーツ)取扱開始

O'NEILL wet suits オニールウェットスーツ(MOZZY'Z SURF LAB モジーズ・サーフ・ラボ)

 

O’NEILL wet suitsの取り扱い開始です。

サーファーなら誰でも知っているウェットスーツブランドのO’NEILLです。

細部にまでこだわってます。

特に驚かされたのは、首回りの作り

生地の柔らかさで、開閉部を広げるのではなく、カットで広げる。

本当に、指1本で脱げてしまいそうです。

こんなにこだわった作り見せられてしまったら、

今すぐにでも着てみたくなるものですね。